MusicFes@RAG
音楽フェスをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
夏フェスコーデ

野外フェスのファッション。夏フェスコーデ入門

音楽も夏も楽しめる夏フェスに、今年は可愛くかっこよく、旬なお洒落をして出かけてみませんか。

今回はそんな夏フェスへ出かけるコーデを今回は紹介したいと思います。

夏フェスコーデは「自由さ」がモットー

夏フェスコーデの基本は動きやすさと身軽さがとても重要です。

汗をたくさんかくので汗を吸収してくれる素材のTシャツ・タンクトップなどのトップスにハーフパンツ・ショートパンツが主流です。

靴はスニーカーやブーツなど出来る限り動きやすく疲れないぺたんこ靴で履き慣れたものを選びましょう。

足の疲れもたまりますのでヒールは避けた方がベスト。

またライブ中に踏まれるおそれもあるのでサンダルも避けましょう。

そして、ハンドバッグなどで片手が塞がるのがもったいないですよね。

フェスだからこそ動きやすく両手が自由になるリュックサック・バックパックやショルダーバッグ・メッセンジャーバッグなどの肩掛けタイプを選びましょう。

何よりも、フェスでしか出来ないコーデで思いっきり楽しんでみましょう。

シンプルスタイルをロックに楽しもう

一番夏フェスで多く見られるのがTシャツやタンクトップにパンツといったスタイル。

せっかくなので流行のデニムも一緒に合わせたいですね。

バンドTシャツでフェスへ行くって方も多いと思うので、思いっきりTシャツのデザインを生かしたロックなコーデで攻めてみたいです。

ボーイッシュなシンプルスタイルですが真似したいボーイッシュスタイル。

ボーイッシュ

http://l.yimg.com

Tシャツのボロボロ感がイカしてますね。

フリンジのバッグがお洒落ですね。

Tシャツ

http://www.elle.co.jp

アメリカンでポップなコーデですね。

夏フェスなので、目立っちゃいましょう。

アメリカン

http://static.celebuzz.com

ガーリー女子ならワンピースで

ワンピースは夏に着たい。

ワンピースはとっても楽ちんですし、一着でコーデも決まるので悩まなくてもいいところが魅力的。

今年は流行のシンプルな真っ白なワンピースなどのコーデでガーリッシュに。

とにかく可愛い真っ白コーデです。

ワンピース

https://pbs.twimg.com

マキシ丈ワンピは女らしさがアップ。

夏らしく涼しげなのでとてもオススメです。

たくさんアクセサリーをつけて。

ワンピース

http://blog.stylechi.com

夏フェスだから思いっきり肌見せするスタイル

スタイルに自信がないと厳しいかもしれませんが最近は日本でもよく見る肌見せコーデもとてもお洒落です。

こんなクールでカッコいいスタイルも、夏フェスだからこそ決まるんです。

クールでカッコいい

http://dqaeric34olch.cloudfront.net

まるで今から海に行くかのようなコーデ。

まるで今から海に行くかのような

http://fakeout-magazine.com

アクセサリー&小物で簡単にお洒落度アップ

シンプルになりがちな夏フェスコーデですが、小物でアクセント。

とっても簡単にお洒落にコーデが決まります。

夏フェスにオススメなアクセサリー、小物を紹介したいと思います。

キャップはもちろん。

今はつばの大きなハットも大流行中だとか。

ですが大ブーム中だからこそ、今最もかぶりたいのはバケットハット。

ストリートファッションが決まります。

大きなハット

http://www.toma.jp

今ではもう花冠はフェス必須アイテムですね。

まるでお姫様になったような気分になれちゃいます。

色んなところで購入が可能なアイテムになっています。

友達とお揃いでも可愛いですね。

花冠

http://www3.pictures.stylebistro.com

とにかくブレスレットは重ね付けしたい。

ビーズブレスレットやミサンガや刺繍ブレスレットなら軽くて手を上げたりしても、負担になりませんね。

ブレスレット

http://www.thechilicool.com

アンクレットもさりげないワンポイントとしてオススメのアクセサリー。

男子用も流行っているので、カップルでお揃いでつけて、フェスへ行きたいですね。

ワンポイント

ストールを使ってカジュアルに。

巻いて日焼け防止にもなっちゃいます。

お洒落度がぐんとアップしますね。

ストールを使ってカジュアル

http://www.elle.co.jp

この夏皆さんも夏フェスでしか出来ないお洒落をしてみませんか。

いつでも自由に楽しんで動いて踊っていられるスタイルで。

夏フェスファッション

http://emirateswoman.com

著者プロフィール

音楽フェスマスター・副編集長

羽根佳祐

スタジオラグへおこしやす編集部、フェス担当の羽根佳祐です!

高校時代にバンドを組んでドラムを始めたことをきっかけに、音楽が生活の中心になりました。

とはいえ、演奏するよりも聴く方が多く、ライブハウスや音楽フェスによく足を運んでいます。

大勢の人が集まり、音楽があふれ、会場には高揚感が立ち込める……フェスのそんな非日常感が大好きです。

各地のフェスを制覇したい!

Twitter:k_tatatyn_lp

この著者・クリエイターへメッセージを送る


著者の記事一覧

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます